プレゼント

父の日どうする?

父の日は、日本では6月の第3日曜日と決められています。
母の日が終わると次は父の日だなと認識されている人が多いのではないでしょうか?
各ショッピングモールなどでも、母の日が終わると今度は父の日のコーナーが設けられるところが多いです。
しかし、母の日ほどなぜか意識が低くなってしまっているのが現状です。

おそらくの原因の一つとしては、普段の買い物などで女性が訪れる売り場と関係があると思います。
女性の買い物先にあまり男性物を扱うものが少ないため、父の日の意識が薄いのではと感じます。
本来であれば、多くの家庭にとって父親は家計を支える大事な一家の大黒柱です。
普段忙しくあまり接する機会が少ない家庭も多い中、父の日だけは普段の感謝の気持ちを伝えましょう。

日本でも父の日をより広めていこうと、日本ファーザーズ・ディ委員会という団体が存在しています。
その団体が様々なキャンペーンを行っています。
中でも有名なのが、日本で一番素敵なお父さんを選ぶ「ベスト・ファーザー イエローリボン賞」を毎年行っています。
つるの剛士や佐々木健介や杉浦太陽などのタレントが受賞して注目を浴びています。

また委員会で進められているのが、父の日に黄色いリボンを渡すことです。
黄色いリボンの黄色には、身を守るというわれています。
それが幸福のリボンといわれ、大事な人の無事を願う象徴とされています。
なので、父の日のプレゼントに黄色いリボンを添えるのも一つです。

父の日は、普段仕事などで忙しいお父さんと一緒に過ごす時間が持てるいい機会です。
なので日ごろの感謝の気持ちを込めて、プレゼントと手書きのメッセージなどを添えるといいでしょう。
プレゼントも様々なジャンルのものがあります。
お酒が好きな人には、感謝の気持ちがラベルに書かれたお酒をプレゼントするのも人気です。
また普段から着られそうなシャツや洋服などをプレゼントする人もいます。
その他にもこれからも元気でお仕事してほしいという気持ちをこめて、健康グッツを渡す人もいます。
▼ブランド買い取りで人気のあるブランド物も参考にしてみると良いでしょう。
http://caitori.com/ninnkino.html


お父さんが喜んでもらえるだろうなと思い選んだものは、きっと喜んでもらえます。
とくにプレゼントをもらう機会が少ない男性のとっては、なおさらのことでしょう。
素敵な父の日になるように、前もって準備しておきましょう。

別れなんてあまり考えたくはありませんが、いつ別れが来ても悔いのないようにお父さんには日ごろから感謝の気持ちを伝えるべきだと思います。
お墓についてはhttp://xn--cks419dgnf10qinq.com/をご覧ください。