プレゼント

父の日の花って?

母の日といえば、プレゼントの王道はやっぱり花ですよね。
母の日といえば、どのお店でもカーネーションがたくさん置かれています。
もともとカーネーションには、アメリカで亡き母親を偲んでお墓の前に白いカーネーションを置いたのが始まりです。
カーネーションには、いろによって花ことばも違ってきますが、「女性の愛」「母の愛」などの花ことばがあります。
なので母の日の花として、より定着したのだといえます。

同じく父の日にとってもシンボル的な花があるのでしょうか?
あまり知られている人が少ないかもしれませんが、父の日のシンボルの花といえばバラです。
なぜバラになったのか、その理由は父の日の由来にあります。

アメリカのドッドさんという方は、幼いころから父親一人で育てられてきました。
そんな父親は、子供が成人したあとになくなってしまいました。
そんな父親に感謝の気持ちを込めて、白いバラを父親のお墓にささげたといわれています。
このドッドさんが、母の日と同様父の日も感謝の気持ちを伝える日として、国民の祝日にしてほしいと訴えました。
このことがきっかけで、父の日が生まれました。

そして、父の日のシンボルとして白いバラが定着しました。
白いバラには尊敬という意味があり、父親への感謝の気持ちを花にあらわしたのでしょう。
白いバラは亡くなった父親に対して、敬意を表してお墓にささげたり、自分の胸ポケットに一輪のバラをさす人もいました。
父親が健在の家庭は、生きているという血の色を表わす赤いバラをプレゼントとして渡すようになりました。
なので、バラといっても赤いバラが主流となっています。

しかしながら日本では、花を贈る習慣も恥ずかしさからあまり定着していません。
さらに男性に花を贈るというのは、余計にイメージがわかない人が多いのではないでしょうか。
なので父の日のシンボルの花を知っている人は、少ないのだとい言えます。
花は女性に贈るものという考えが強いのではないでしょうか。
なので、母の日にお花を贈るというプレゼントは定着しても、父の日に花のプレゼントを贈る人は少ないです。
母の日に贈るフラワーについてはhttp://www.programaslivres.net/をご覧ください。

かといって花といっても花束だけが花ではありません。
意味合いを知った上で、プレゼントに一輪のバラを添えるという形でもいいのではないでしょうか?
やはり花というのは、プレゼントに添えることでよりプレゼントに付加価値が加わります。
父の日に花?と思わず、さりげなくプレゼントとして渡してみてはいかがでしょうか。