プレゼント

父の日はいつ?

父の日といってすぐにいつと答えられる人は少ないと思います。
なんとなくしかわからなかったり、6月のいつだったかななどと考えてしまう人もおいです。
よく耳にするのは、母の日が終わったら次が父の日の番だと思っている人が多いでしょう。

残念ながら母の日よりも父の日の方が、お祝いをするという認識が少し弱い気がします。
その理由の一つとして、母の日のあとに父の日が誕生したこともあると思います。
母の日が決められた後に、父の日もないのは不平等だという理由から父の日も作られました。
なのでどうしてもなじみが少ないのかもれません。

しかも最近のお父さんたちは、とても仕事が忙しい人が多いです。
なので父親とのコミュニケーションの時間が少ない家庭が多いです。
そうなるとどうしても、父とかかわる時間がないとどうしても感謝するきっかけが薄くなってしまいます。
その分母親とは、ご飯から寝るまでの間過ごす時間が多くなります。
なので何か自分のためにしてもらっていると子供が実感することも多く、母の日の方が思い入れが強くなってしまいます。

しかし、何気なく毎日が過ごせているのは、お父さんが頑張ってお仕事をしてくれているということが大前提です。
なので一番感謝しなくてはいけない存在です。
なので父の日を忘れることなく、毎年お祝いしていきましょう。

父の日は世界各国で日付が異なります。
日本では6月の第3週の日曜日が、父の日と定められています。
日曜日であれば、多くの家庭のお父さんが仕事がお休みの場合が多いです。
なのでお父さんとの時間を持ちやすいと思います。
大事に育ててくれたお父さんに、http://xn--ruqz4zs43b2di.ws//taiken31.html 何度得この機会に年に一度でもいいので、しっかりと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

特に父の日は、母の日と同様日付が決まっているわけではありません。
曜日で決まっているため、毎年日付が異なってきます。
父の日が近付くと、各ショッピングモールでは父の日の特集などが組まれます。
そういったときに、父の日の日付もしっかり書かれていることが多いです。
なので、忘れずに家族でお祝いできるようにしましょう。
http://www.yoshiekentarou.jp/にはお父さんに贈る手作りプレゼントやおもてなし料理が紹介されていますので参考にしてみてください。。