プレゼント

日本以外の父の日

日本では父の日は6月の第3日曜日と決まっています。
これはアメリカから、父の日が伝わり同じ日に日本でも父の日が行われるようになりました。
日本における父の日は、母の日に比べると認識が薄いのではと感じます。
日本の父親は、毎日仕事に忙しくしている人が多いです。
日本人ならではの勤勉さが出ているのではないでしょうか。
それゆえ、家庭にささげる時間が少なくなってしまってしまっているのが現状です。

なので、子供に普段から多く接する機会が多いのも母親です。
子供にとっては、普段からお世話になっているという認識がどうしても母親の方が強くなってしまっています。
本来であれば、お父さんの毎日の仕事の頑張りのおかげで無事生活が送れているわけです。
ですから父の日という、年に一度の感謝の日には、父親に尊敬の気持ちを形に変えてプレゼントなどを贈ることがお薦めです。

世界各国でも同じく父の日を定められている国が多く存在します。
文化の違いや生活習慣が違うと、父の日にも変化があるのでしょうか?
例えば、父の日の日付だけとっても様々です。
やはり一番多いのは、6月の第3日曜日と定めている国が多いです。

しかしその日以外でも、イタリア・ポルトガル・スペインなどは3月19日に父の日と定めています。
また他にも、フィンランドやノルウェーやスウェーデンでは11月の第2日曜日を父の日として定めています。
韓国の場合は5月8日を両親の日として定めていて、親孝行の意識が強い韓国ではこの日をとても重要に考えています。
特に両親をとても大事に考える国民性があるので、両親へ花束を贈ったり、お金などを贈る人が多いようです。

父の日の過ごし方としては、基本的にはどの国も家族が父親に感謝の気持ちを伝える日ということは変わりません。
お父さんを労り、プレゼントやメッセージカードを贈るのが一般的なようです。
中にはお国柄違った祝い方をする国もあります。

例えばオーストラリアでは、家族でアウトドアに出かけたり、バーベキューなどをして家族で遊んで過ごすのが風習です。
日付もオーストラリアの場合は、9月の第1日曜日が父の日となっています。
その他にはドイツでは、父の日だけはお父さんたちが友人たちと集まってお酒などを囲み楽しく過ごす日としています。
この日ばかりは、羽目を外してもいいとされているので、ひたすらビールを飲んで楽しく過ごすそうです。
気の合った仲間たちと、大自然の中でビールを思いっきり飲むのがドイツの父の日の過ごし方です。

国によって多少の違いはあっても、お父さんに対して普段の疲れを労わってもら得るような一日にしたいですね。
と、ここでちょっと変わった贈り物を紹介させていただきます。

年齢を重ねると老眼というものが出てくる人が多いようです。
そんな老眼を治すことができる治療法があります。
その名はレーシックhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.tv/07.htmlです。
最近では行う方が多いので聞いたことがある方も多いと思いますが、レーシックとは簡単に言うと視力を回復させることができる目の手術です。
手術と聞くと危険だとか怖いというイメージをお持ちの方がいると思いますが、レーシック手術は成功率が90%以上の比較的安全な手術なんです。
目が悪いと新聞や携帯など手元が見えずらくて苦労している方が多いでしょう。
そんなお父さんにレーシックという変わったプレゼントも検討してみてはいかがですか?